だいじなカラダは、皆様の健康を第一に考え、有益な情報を提供し社会貢献を目的とします。

りれっちとは?

りれっちの目的は「体のゆがみを改善し、バランスの取れた自然な状態に戻すこと」です。

健康体操りれっちとは?

体のバランスを整えリフレッシュ。
ゆがみを改善して元の体へリセット。
呼吸しやすい体を作ってリラックス。
血行促進のためにストレッチ。

リフレッシュ(Refresh)+リセット(Reset)+リラックス(Relax)ストレッチ(Stretch)
3つの「り(Re)」にストレッチを足してりれっちです。

りれっちの言葉の意味

りれっちという言葉には、
「毎日使う体のゆがみをリセットし、バランスの取れた呼吸のしやすい体でリラックスして、心と体をリフレッシュする」
という意味が込められています。

健康維持に必要な要素が含まれているのでぜひ参考にしてみてください。

体のゆがみを改善するとどういうことがおきるのか?

体のゆがみを改善すると、
・血液やリンパの流れが良くなります。
・疲れが取れやすくなります。
・疲れにくい体を手にすることができます。
・体のむくみが改善されます。
・肩こりや頭痛の改善。
・腰痛や膝の痛みを改善。
・ぐっすり眠れる。
・食欲がわく。
・自由に動く手足と体が手に入る。
その他たくさんのいいことがあります。

リラックスした気持ちで取り組んで、ゆがんだ体を自然な体にリセットして、心と体をリフレッシュしましょう!

従来のストレッチと、りれっちの違いとは

一般のストレッチや体操は、前後左右の動きを一通りやっていきます。
しかし、りれっちは違います。
何が違うか?それは検査があるということ。
そして効き目が見えるということです。
検査がないと体の変化を把握することは困難です。

10人いれば10通りの体があるでしょう。
同じ家に住む家族で、同じ食べ物を食べていたとしても、筋肉の状態も違うし、体の疲れ具合も違います。
生活習慣というのは、みんな違いますよね。
筋肉の状態もみんな違います。体の使い方もみんな違うんです。
だからこそ、自分の体の状態にあった、ストレッチや体操を取り入れるべきなのです。

ストレッチや体操をして、「あー気持ちよかった」「あーすっきりした」「あー楽になった」という気持ちと体感だけではなくて、運動をする前と後で
・どういう変化が自分の体に起きたのか。
・どこがどう改善されたのか。
それを確認するための検査がりれっちにはあります。

検査があることによって、自分の目と体で効果を実感できます。

ストレッチをする際の注意点
ストレッチをすれば必ずしも筋肉が柔らかくなるわけではありません。その理由の1つとして伸張反射というものが関係してきます。
伸張反射とは簡単にいうと、ある筋肉が急に引き伸ばされると、それ以上筋が引き伸ばされてダメージを受けないように、その筋肉を収縮させて保護しようとする反射」のことをいいます。
つまり我慢して筋肉を伸ばせば柔らかくなると思って頑張っても、逆に筋肉を硬くしてしまうこともあるといことです。
ですのでストレッチをするときにはこのことも頭にいれて行わねばいけません。
りれっちでは伸張反射を起こすこともない刺激で筋肉にアプローチしていくので筋肉や体が変化していくのです。

マッサージや整体・ストレッチとの違い
マッサージは皮膚の表面を揉みほぐして刺激し筋肉の表面の血行を促進します。
整体は骨盤や背骨のずれを関節矯正で整え筋肉をほぐしてバランスを整えていきます。
ストレッチは硬くなった筋肉や疲労が溜まった筋肉をほぐし動きやすくしていきます。
りれっちは、硬くなった筋肉・引き伸ばされた筋肉を元の状態に戻し、正しく機能できるようにしていきます。
りれっちは、関節をしっかり動かすことで筋肉を刺激して全身のバランスを整えていきます。
マッサージやリラクゼーションのような血行を促進する作用と整体のような骨格バランスを整える作用、ストレッチのような筋肉の柔軟性を高めて筋肉の動きを正しく機能できる作用をかねそろえた運動療法です。

 

りれっちの方法

りれっちは4つのステップ。
1、検査をして、
2、やる動きを決めて、
3、呼吸を使い体を改善、
4、そしてまた検査。

ただやるというのではなく、なぜその動きをするのか?その動きした結果どうなるのか?というのを意識してやっていきましょう。

お問い合わせはこちら TEL 03-3247-7230 10時から18時

PAGETOP
Copyright © 健康寿命を延ばす【だいじなカラダ】 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.